2009年11月04日

宝嵐直通臨2009秋(その2)


桂・阪急嵐山線[阪急7000系(7023)臨時 宝塚ゆき]
"新京阪" 掲示板 - 第146代タイトル画像



 このタイプのヘッドマークが掲出される臨時列車としては始めて運転される、嵐山発宝塚ゆき。嵐山線・今津線を経由するため、停車駅の過半数が6連までしか対応しておらず、このルートは6連での運転ならでは。

(気ままに撮らして!鉄道写真 No.315)
posted by Fair_Fare@U.R.L. at 01:16| Comment(3) | TrackBack(0) | 阪急
この記事へのコメント
嵐山線では改札が遠い梅田方先頭車両まで結構乗っているようですが,乗車率はいかがでしたか?
Posted by 阪急信者 at 2009年11月05日 10:00
>阪急信者 さん

 コメントありがとうございます。

 場所の関係で両先頭車の様子しか見えませんでしたが、嵐山方先頭車もかなり乗っていました。ただ、桂で多くの降車があり、桂発車後の段階では全席着席+αぐらいの乗車率に落ち着いていました。もっとも、見ていたのが先頭車だからか、試乗目的の人が結構な部分を占めていたように見えましたが。

 桂で降りた人は、河原町方面に向かったのではないと思います。というのも、この前後に走る河原町直通の臨時列車は、どの列車も京都線内ガラガラだったからです。ということは、桂で下車したか、梅田方面(南方までの各駅)に向かったかということですが、前者はともかく、いまとなってはこの時期に最も直通サービスが手薄な状態になっている後者は、絶対数がそれなりに多いはずであるだけに、なんらかの対応があってもよさそうだと思いました。
Posted by Fair_Fare@U.R.L. at 2009年11月06日 00:41
早速のご返答,ありがとうございました。

河原町直通はガラガラですか・・・やっぱり,京都観光の一環で嵐山に来る人にはなかなか阪急は利用されにくいのかもしれません。

たぶん桂で下車した人がそんなに多かったということはないような気がします。となると,やはり嵯峨野エクスプレスのような直通列車が必要ということかもしれません。

あるいは,一部の嵐山線の列車を桂から長岡天神までノンストップで運転して,大阪方面については同一ホームでののりかえを可能にすることですかね。

この手の臨時列車(特に神戸線直通)は,今まで来る人が少なかった地域の顧客開拓の側面もありますが,京都線内からの場合は,これまでの利用客の利便性を向上させる以上の顧客開拓の余地が少ないと判断されているのかもしれませんが・・・。
Posted by 阪急信者 at 2009年11月07日 01:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33411191

この記事へのトラックバック
過去ログ
2019年02月(1)
2019年01月(2)
2018年07月(1)
2018年05月(1)
2018年03月(1)
2018年01月(1)
2017年11月(1)
2017年07月(1)
2017年06月(2)
2017年04月(2)
2017年03月(1)
2017年01月(2)
2016年11月(1)
2016年10月(1)
2016年07月(3)
2016年05月(1)
2016年03月(2)
2016年01月(1)
2015年11月(1)
2015年10月(1)
2015年08月(1)
2015年07月(2)
2015年05月(1)
2015年04月(1)
2015年03月(2)
2015年02月(3)
2015年01月(5)
2014年12月(1)
2014年11月(1)
2014年10月(1)
2014年08月(2)
2014年07月(1)
2014年06月(1)
2014年05月(2)
2014年03月(2)
2014年02月(2)
2014年01月(2)
2013年12月(2)
2013年11月(4)
2013年08月(1)
2013年07月(3)
2013年06月(2)
2013年05月(1)
2013年04月(3)
2013年03月(3)
2013年01月(2)
2012年11月(4)
2012年10月(1)
2012年09月(1)
2012年08月(3)
2012年07月(2)
2012年04月(2)
2012年03月(2)
2012年01月(2)
2011年12月(1)
2011年09月(1)
2011年08月(1)
2011年07月(2)
2011年05月(2)
2011年04月(3)
2011年03月(2)
2011年02月(1)
2011年01月(2)
2010年12月(2)
2010年11月(3)
2010年10月(1)
2010年09月(2)
2010年07月(4)
2010年06月(2)
2010年05月(2)
2010年04月(4)
2010年03月(5)
2010年02月(3)
2010年01月(5)
2009年12月(3)
2009年11月(11)
2009年10月(5)
2009年09月(2)
2009年08月(2)
2009年07月(9)
2009年06月(2)
2009年05月(16)
2009年04月(22)
2009年03月(3)
2009年02月(5)
2009年01月(3)
2008年12月(3)
2008年11月(4)
2008年10月(4)
2008年09月(2)
2008年08月(2)
2008年07月(11)
2008年06月(4)
2008年05月(3)
2008年04月(1)
2008年03月(1)
2008年02月(3)
2008年01月(4)
2007年12月(1)
2007年11月(4)